largeblackIntlIntelAgen.png
検索
  • 伊東情報室

French Open 2020

伊東猛です。

2020年のフレンチオープンは男子は Rafael Nadal、女子は Iga Swiatek の優勝で幕を閉じました。Nadal はなんと13回目のフレンチオープン優勝、凄過ぎる以外に言葉が見つかりません。



女王候補、ポーランドのIga Swiatek


一方女子では、ノーシードで19歳の Iga Swiatek が他を寄せ付けず優勝。2018年のウィンブルドン・ジュニアで優勝した彼女のハイライト動画を見た際に、HEAD ヨーロッパ本社のスカウトチームに「Swiatek と契約するべきじゃない?」と連絡を入れようとしたのを覚えています。ウィンブルドン・ジュニアで優勝する選手なので将来有望なのは普通に考えて当然なのですが(ただ、プロの世界で活躍するということはそれほど簡単な訳ではない・・・)、テニスの質、フットワーク、選手が持っている雰囲気などを含めこの選手はトップまで上がってくるかもと思い、また一旦破産した会社で世界的には存在感がほぼ「0」になってしまった Prince のラケットを使っているので「HEAD が契約できるチャンスもあるだろう」と思い・・・。しかし、まさかこのスピードでグランドスラムで優勝するとは驚きです。


Iga Swiatek。ルーマニア、チェコを含め、東ヨーロッパは多くの良い選手を輩出している

私が見る Swiatek の良いところは、男子選手っぽくダイナミックに動きボールを打ち込めるところです。攻撃的なイメージが強い彼女ですが動きが良くディフェンスがかなりしっかりしており、そのディフェンスの能力が高いので簡単に負けないし、安定した強さの源となっていると思います。特にバックハンドでは、追い込まれたところからでもしっかりとクロスに角度のあるショットでの切り返しが上手く、相手の攻撃をすぐに切ることが特に今回のフレンチオープンでは際立っていました。


Iga Swiatek のプレー集をご覧ください

https://youtu.be/5OyiacqzH5k

相手のボールが甘くなると、厚いグリップからスピンの効いた強烈なフォアハンド、そして早いテンポで角度のついたショットを打つことができるバックハンドで一気に攻撃しネットプレーで仕留める、またドロップショットも巧みに混ぜ込むなど多彩なプレーができるので、今後のランキングでトップに登りつめるスピードに注目です。

今後の活躍が期待される19歳のJannik Sinner

Team HEAD の Jannik Sinner(現在19歳) 私が個人的に注目していたイタリアの19歳、Jannik Sinner は1回戦で11シードの Goffin を撃破した後も順調に勝ち上がり、4回戦では 6シードの Alexander Zverev にも完勝し準々決勝に進出しました。Sinner の特徴はアタリの厚いストロークとそのコントロールの良さ。相手をどんどん左右に動かしポイントの主導権を取っていきます。HEADのラケットをジュニア時代から使用しているので、数年前から彼のことは知っていましたが、その質の高いプレーに驚かされたのは2019年(彼が18歳の時)の年末にミラノで行われた Next Gen ATP Finals にワイルドカードで出場し、上位ランク者を圧倒して優勝した時でした。少しでも時間的な余裕ができるとライン際へのショットで主導権を握り、また相手に先に主導権を握られてもライン際への切り返しのショットで形成をひっくり返し、相手を押さえ込んでいきました。 2019 Next Gen ATP Finals での Sinner のプレーも必見です https://youtu.be/o4-O4DRuq9Q

Team HEAD の Jannik Sinner(現在19歳)。今後の活躍に注目が集まります。 将来のチャンピオン候補として認知され始めた Sinner ですが、彼の評価が高くなってきている理由にテニスの質の高さだけでなく、彼の素晴らしい人間性が挙げられています。Federer と Nadal がインタビューで Sinner のことを「謙虚で、とても素晴らしい子」「コート上での振る舞いも落ち着いており、将来が楽しみな選手」というようなことを言っていますが、偉大なチャンピオンである2人は、選手として大成するために、より多くの人のサポートを得られる資質を持っているかが重要との認識があり、このようなコメントが出てくるのかもしれません。 今回のフレンチオープンでは、ベスト4を懸けたナダルとの一戦において試合を有利に進めながらもナダルの強さを前に押し切れず、惜しくも敗退となりましたが、現在 Federer のコーチをしている Ivan Ljubicic(元世界3位)、Djokovic、Gasquet、Raonic、Coric と多くのトップ選手をコーチしてきた Riccardo Piatti の元でトレーニングを積んできている Sinner が、グランドスラムで優勝する日がもうそこまで来ているように感じます。

力強く進歩しTOP10の壁を乗り越えたDiego Schwartzman その他、今大会注目を浴びたのはアルゼンチン人として男女でベスト4に入った Diego Schwartzman と Nadia Podoroska。 世界131位の Podoroska は予選の3試合を勝ち上がり、優勝候補の一人 Svitolina を準々決勝で粉砕してのベスト4進出でした。2年ほど前に怪我でツアーを離脱し、その結果遠征を回るお金を工面するのに苦労したとのコメントがありましたが、その苦労を乗り越えてのグランスラムでのベスト4。今後どこまでの活躍ができるかが注目です。 一方で Schwartzman はプロ入り後ここまで毎年のように自己ベストランキングを更新し、順調にトップに上り詰めてきました。フレンチオープン前哨戦で Nadal を粉砕、そして今大会では準々決勝で Thiem に競り勝ち、初のベスト4進出を果たしました。彼が数年前 Rakuten Japan Open に出場した際に、サイン会のコーディネートや雑誌の取材でのインタビューなどをする機会に恵まれましたが、初めて同じ目線で話が出来た(身長が私と同じであるため)世界トップ選手であり、またとても気さくに色々なことを話してくれました。


楽天オープンの HEAD ブースにて、Diego Schwartzmanと インタビューした際に興味深かったのが、私が「ここまで強くなるために、どのようなことをやってきたのか」と質問した際、彼の口から「常に自分より強い人たちから多くを吸収するために良く観察をしている。ツアーでは、常に周りのトップ選手、特にフェデラー、ナダル、ジョコビッチらを観察し、彼らがやっている練習の取り組み方、ウォームアップの仕方、食事、試合までの時間をどのように過ごしているかなどを参考にし、取り入れている」と言っていたことです。彼の新しいことにどんどん挑戦していこうという意識、そして上達への意欲を凄く感じました。 今回の結果により世界8位となった Schwartzman、ここからの彼の活躍に期待大です。

170cm と テニス界では小柄にも関わらず強烈なストロークで相手をなぎ倒すTeam HEADのDiego Schwartzman ----- 伊東猛のニュースレターを購読頂きありがとうございます。 このニュースレターでは皆様に米国への留学に関する情報やテニスに関連する話題等を提供しています。 もしもニュースレターの購読を止めたくなった際には遠慮なく以下まで"unsubscribe"をタイトルに記したメールをくださいますようお願いいたします。 info@iia-inc.com また、バックナンバーについては以下でご覧いただけます。 https://www.iia-inc.com/newsletter IIA, inc. www.iia-inc.com

2回の閲覧0件のコメント
Copyright @ 2020 International Intelligence Agency Inc.
Websight designed by  ITOH3 Design Lab.